WSL : Windows で Debian環境 を実行する

Windows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linux

2018年3月、Windows Subsystem for Linux (WSL)の仕組みによりWindows10で動作するDebian環境をインストールしました。

「Bash on Ubuntu on Windows」と呼ばれたベータ版のUbuntu環境が正式リリースしたので、まず最初にUbuntu環境をインストールしました。

WSL : Windows で Ubuntu環境 を実行する

 

2018年3月現在、以下のLinuxディストリビューションをインストールしてLinuxを実行することができます。

  • Ubuntu
  • OpenSUSE Leap 42
  • SUSE Linux Enterprise Server 12
  • Debian GNU/Linux
Windows で Linux を実行

Windows で Linux を実行

2018年3月7日に Debian on Windowsが登場してMicrosoft Storeから入手することができるようになりました。

私は、Raspberry Piを使用する機会が多く Raspbian (Debianをベース)を愛用しているので、Debian環境をインストールしました。

インストール方法

WindowsでLinuxをインストールするには、ふたつの手順で行います。

  1. 手順-1 WSLの有効化
  2. 手順-2 Linuxのインストール

手順-1 WSLの有効化

Ubuntuの説明と同じです。Windowsに対して有効化は一回のみ実施します。

【PowerShellコマンド実行でWSLを有効化】

PowerShellを管理者モードで起動して、下記コマンドを実行します。

WSL有効化する PowerShellコマンド

WSL有効化する PowerShellコマンド

PC再起動のメッセージが表示されるので、再起動します。

手順-2 Linuxのインストール

Microsoft StoreからLinuxディストリビューションをダウンロードします。

Microsoft Store

Microsoft Store

Microsoft Storeのアイコンをクリックします。

検索窓に「Debian」と入力して検索します。

Debian ダウンロード1

Debian ダウンロード1

[入手]をクリックします。

Debian ダウンロード2

Debian ダウンロード2

ダウンロードを開始します。

Debian ダウンロード3

Debian ダウンロード3

ダウンロードが完了したら、[起動]をクリックします。

Debian インストール1

Debian インストール1

Debianが起動し、インストールを開始します。

Debian インストール2

Debian インストール2

ユーザー名を入力します。私は、ユーザー名 pi を登録しました。

Debian インストール3

Debian インストール3

パスワードを設定します。

Debian インストール4

Debian インストール4

Debianのインストールが完了しました。

最新版にアップデート

Debianを起動してバージョンを確認します。

バージョンは、Debian 9.3 でした。最新版に更新します。

最初にパッケージ情報データベースのローカルキャッシュを最新状態に更新します。

 

インストールしているパッケージを最新版に更新します。

再度バージョンを確認します。

バージョンは、Debian 9.4 になりました。

インストール先は?

Windows Subsystem for Linux (Debian)は、どのディレクトリーにインストールされたでしょうか?

調べてみると、「C:\Users\pi\AppData\Local\Packages\TheDebianProject.DebianGNULinux_*\LocalState\rootfs」にルートファイルシステムがあります。

WSL Debian ルートファイルシステム

WSL Debian ルートファイルシステム

Windows側からDebian環境のファイルへの(追加/変更/削除)アクセスは禁止しています。もし、ファイルに書き込みした場合は、ファイルシステムが壊れてしまいますので注意が必要です。

逆に、Debian側からWindows環境のファイルへのアクセスは、Windowsファイルシステムを「/mnt/ドライブ名/」にマウントしていますので /mnt/c/ などでアクセス可能です。

DebianとWindowsの共有ディレクトリー

Debianで作業しているディレクトリーの内容をWindowsから参照・変更したいことがあります。indows側からDebian環境のファイルへの(追加/変更/削除)アクセスは禁止されています。そこで、作業ディレクトリーをWindows側にしたいと思います。

c:\Users\pi\MyHome をWindowsとDebianから共通でアクセスするディレクトリーにします。

MyHome ディレクトリーを作成しました。

.bashrc の最後に、カレントディレクトリーを MyHome にするコマンドを入れます。

次回ログインで /mnt/c/Users/pi/MyHome がカレントディレクトリーになります。

 

gccを使ってみる

gccを使用できるように開発ツールをインストールします。

 

C言語で簡単なテストプログラムを書いて、ビルド&実行しました。

 

プログラムをビルドします。

 

実行します。

最後に

2017年10月のWindows Updateで、Windows Subsystem for Linux (WSL)が正式リリースとなりました。そして、Microsoft StoreからUbuntuやDebianなどの Linuxディストリビューションがダウンロードできるようになりました。

Windowsに、UbuntuとDebianをインストールしました。スタートメニューにUbuntuとDebianが同居しています。

Debian And Ubuntu スタートメニュー

Debian And Ubuntu スタートメニュー

WindowsでLinuxが動作するという便利な時代となりました。WindowsとLinuxを連携した快適な環境を実現したいと考えています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

WSL : Windows で Debian環境 を実行する」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: WSL(Debian on Windows) Debianのバージョン確認方法 | ある計算機屋さんの手帳

  2. ピンバック: WSL Linuxディストリビューションの起動方法 | ある計算機屋さんの手帳

コメントは受け付けていません。