サーバー構築 CentOS 8をインストール

CentOS

CentOS

LIVA X2にCentOS 8をインストール

2020年3月、ファンレス小型サーバーにCentOS 8をインストールしました。今回インストールしたマシンは、LIVA X2という小型のPCです。

LIVA X2 PC

LIVA X2 PC

SoC Intel Celeron N3050 1.6GHz 2core
Memory DDR3L 4GB
Storage M.2 SSD 120GB
Size 136mm × 84mm × 38mm

 

CentOS 8 ISOファイルのダウンロード

CentOSは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)互換のOSでサーバー構築に適しています。2020年3月時点での最新版は、CentOS 8.1です。

公式サイトからダウンロードします。

CentOS ダウンロード

CentOS ダウンロード

 

CentOS Linux DVD ISO 運用向けの安定版CentOS
CentOS Stream DVD ISO 開発者向けに最新機能を盛り込んだCentOS

 

左側の[CentOS Linux DVD ISO]を選択します。
ミラーサーバ一覧が表示されますので、任意のサイトからダウンロードします。

CentOS ダウンロードサイト

CentOS ダウンロードサイト

ここからも入手可能です。

 

CentOS ダウンロード選択

CentOS ダウンロード選択

「CentOS-8.1.1911-x86_64-dvd1.iso」をダウンロードします。

インストールメディアの作成

ダウンロードしたCentOS 8は、容量が7.03GBとサイズが大きいので注意が必要です。一般的なDVD(片面1層)のDVDは、4.7GBのディスクなので使用できません。片面2層記録の8.5GBディスクが必要となります。

今回は、8GB SDカードにUSBアダプタを付けて使用することにしました。

 

USBアダプター SDカード

USBアダプター SDカード

SDカードへのISOイメージ書き込みは、Raspberry Piでよく使っているEtcherを使いました。

Etcher 書き込み

Etcher 書き込み

CentOSのインストール

LIVA X2のBIOSのブートオプションで、USBフラッシュの起動順番をハードディスクより上位に設定します。

BOOT オプション

BOOT オプション

USBアダプタにSDカードを挿入してPCの電源をONにします。

LIVA X2 + USB Boot

LIVA X2 + USB Boot

インストーラが起動して、CentOSのインストールを開始します。グラフィックメニューの指示に従って、インストールを進めます。

CentOS インストール

CentOS インストール

ユーザーの設定で、「rootパスワード」と「ユーザーの作成」をクリックして設定します。

ユーザーの設定

ユーザーの設定

CentOSのインストールを開始しますので、完了を待ちます。

グラフィックメニューの指示に従って操作するだけなので、詳細な説明は割愛します。

 

インストール 再起動

インストール 再起動

「再起動」をクリックして、セットアップを開始します。ライセンスに同意します。

ライセンス同意

ライセンス同意

インストールが完了しました。

CentOS8 デスクトップ

CentOS8 デスクトップ

ログインするとデスクトップを表示します。