Windows10に Re:VIEW 執筆支援システムをインストールする方法

Re:VIEWとは

Re:VIEWとは

Re:VIEW 執筆支援システムとは

2018年5月、Windows10で書籍執筆支援システム「Re:VIEW」をインストールしました。Re:VIEWは、電子書籍向けの簡易なマークアップ言語で記述したテキストファイルをEPUBやPDFなどの形式に変換するツールセットです。

Re:VIEWクイックスタートガイドに説明があります。

Re:VIEW は、EWB や RD あるいは Wiki に似た簡易フォーマットで記述したテキストファイルを、目的に応じて各種の形式に変換するツールセットです。

平易な文法ながらも、コンピュータ関係のドキュメント作成のための多くの機能を備えており、テキスト、LaTeX、HTML、XML といった形式に変換できます。独自のカスタマイズも簡単です。

電子書籍に興味があり調べていたら、「達人出版会」というITエンジニア向けの技術書籍を電子書籍として制作・出版・販売する電子書籍専業の出版社をみつけました。達人出版会では、オープンソースの書籍執筆支援システムRe:VIEWを使用しているそうです。同じソース(原稿)からPDFとEPUBを生成するという魅力的なコンセプトです。

原稿は簡易なマークアップ言語(テキストファイル)で記述できますので、GitやSVNでバージョン管理でき差分も簡単に見ることができます。

Re:VIEW 執筆支援システム

Re:VIEW 執筆支援システム

マークアップファイルの原稿から下記文書を出力することができます。

  •  EPUB
  •  PDF (LaTeX)
  •  HTML
  •  TEXT
  •  Web HTML
  •  Markdown
  •  InDesign XML

Re:VIEWは、2002年ごろに青木峰郎さんが開発しました。その後、武藤健志(MUTO Kenshi)さんが開発・保守を引き継いでいます。

インターネットで Re:VIEW に関する情報を検索しようとすると、「レビュー」に関する記事がたくさんヒットしてしまいます。そこで、検索のキーワードに開発者の「Kenshi MUTO」さんの名前を含めて「re:view kmuto」で検索すると Re:VIEW 関係の情報が検索できます。

Re:VIEW 検索のコツ

Re:VIEW 検索のコツ

プラットフォームは?

Re:VIEWはRuby言語で記述しているので、Rubyが動作すればプラットフォームを選ばないと思っていました。しかし、ネットで検索するとMac OS XやLinuxにインストールした事例は見つかりますが、Windowsにインストールした例はなかなか見つかりませんでした。

私はWindows10をメインPCで使用しているので、Re:VIEWをWinows10で動作させたいと考えています。素のWindowsでは動作しないので、Windows Cygwinを入れることによって動作するとも書かれていました。最近のブログには、Windows Subsystem for Linux (WSL)にインストールしたものがありました。なるほど、WindowsでLinuxが動作するWSLを使えばWindowsでRe:VIEWを快適に使うことができそうです。


Windows Subsystem for Linux(Ubuntu)にRe:VIEWをインストールする


そんななか「Windows10環境でRe:VIEWの執筆環境を構築する方法・改」というブログをみつけました。Windows10環境でRe:VIEWが動作します。

 

Re:VIEWのインストール

Re:VIEWをインストールするには、最初にRubyが必要です。また、PDF出力する場合は、LaTeX dvipdfmx によりPDF変換するので TeXも必要です。

私はRubyを使ったことが無いので用語の意味かわからず多少の混乱はありましたが、無事にインストールできました。

Rubyのインストール

Ruby Installerのサイトを開きます。

Ruby インストール1

Ruby インストール1

[Download]ボタンをクリックします。

Ruby インストール2

Ruby インストール2

Rubyの最新バージョン 2.5.1-1 のDevkit付きをダウンロードします。

Rubyのインストールが終了すると MSYS2のインストール設定画面になります。

Ruby インストール3

Ruby インストール3

1~3までを順番に実行します。

私はRubyの素人なので、DevkitやMSYS2とは何かよく理解できていません。まあ、フルインストールすれば大丈夫だと思い行いました。

Ruby インストール4

Ruby インストール4

メニューバーに、「Ruby 2.5.1-1-x64 with MSYS2」がインストールできました。「Start Command Prompt with Ruby」を実行して、コマンドプロンプトを表示します。

Rubyのバージョンを確認します。

 

Ruby インストール5

Ruby インストール5

 

TeXのインストール

PDF文書を生成するには、TeXが必要です。

LaTeX

LaTeX

Windowsで動作する TeXはいくつかありますが、定番のTeX Liveをインストールします。

TeX Live インストール1

TeX Live インストール1

TeX Wiki (Tex LIVE)のTex Live ISO Imagesからイメージをダウンロードします。

TeX Live インストール2

TeX Live インストール2

2018年5月現在の最新は、TeX Live 2018 (texlive2018.iso) です。容量は3.2Gバイトと大きいので時間がかかります。

ダウンロードが完了したら .iso をマウントします。

TeX Live インストール3

TeX Live インストール3

install-tl-windows.bat を実行します。

 

インストールが完了したら、DOSコマンドプロンプトを開いてTeXのバージョンを確認します。

TeX Live インストール9

TeX Live インストール9


Re:VIEWインストール

「Start Command Prompt with Ruby」を実行して、コマンドプロンプトを表示します。

Rubyのライブラリは、RubyGemsというパッケージングシステム(apt-get のようなものらしい)で管理しています。

「gem install review」 コマンドで Re:VIEWをインストールします。

Re:VIEW インストール

Re:VIEW インストール



Re:VIEWのインストールが完了したら、バージョンを確認します。

バージョンのまとめ

今回 Re:VIEWをインストールしたバージョンをまとめます。

モジュール バージョン
Windows Windows10 Home 1709
Ruby 2.5.1p57
TexLive 3.14159265 Tex Live 2018
Re:VIEW 2.5.0

Re:VIEWを使う

Re:VIEWには、下記に示すコマンドがあります。

機能 コマンド
ひな型取得 review-init 原稿名
EPUB生成 review-epubmaker YAML定義
PDF生成 review-pdfmaker YAML定義
WEB生成 review-webmaker YAML定義

原稿作成

Re:VIEWの原稿を作成するためにひな型を取得します。

原稿名を sampleとします。

原稿名のディレクトリーを生成して原稿ひな型の情報を格納しました。

treeコマンドで、sampleディレクトリーの内容を確認します。

ファイル名 用途
catalog.yml カタログ 章立て(目次構成)の記述
config.yml ドキュメントの設定の記述
Gemfile Ruby言語のパッケージ管理用ファイル
Rakefile Ruby言語のビルド用タスク定義(rake)ファイル
sample.re Re:VIEW 原稿の本文ファイル
style.css HTMLファイルや ePubファイルのスタイルファイル
images/ 画像の配置フォルダ
layouts/ HTMLファイルや ePubファイルのレイアウト設定を記述
sty/ Tex用スタイルファイル配置フォルダ

原稿 sample.reは空(ファイルの内容は “= ” だけ)ですので、次のような原稿を書きます。原稿ファイルの文字コードは、UTF-8とします。

EPUB生成

EPUB文書を生成してみます。

book.epubを生成しました。

クリックすると Microsoft EdgeでEPUB文書を閲覧することができました。見栄えの良い電子書籍ができました。

PDF生成

PDF文書を生成してみます。

book.pdfを生成しました。Adobe Acrobat Reader DC でPDF文書を閲覧します。

PDF 閲覧1

PDF 閲覧1

PDF 閲覧2

PDF 閲覧2

表1.1の表示位置が気になりますが、見栄えの良いドキュメントを生成しました。

WEB生成

WEB文書を生成してみます。

webrootディレクトリーを作成しました。そのなかの index.htmlをクリックするとブラウザーで内容を確認できました。

WEB 閲覧

WEB 閲覧

Re:VIEW rakeコマンド

Re:VIEWをネット検索すると rakeコマンドでEPUB/PDFの生成をしている例もあります。Ruby素人の私は、rakeとは何か知りませんでしたがどうも makeのようなものらしいです。すなわち、Rubyで書いたコードをタスク登録して、rakeコマンドで呼び出して実行する機能です。

Re:VIEWのひな型取得はrakeコマンドに対応しており、原稿ディレクトリーの内に Rakefileがありました。

詳細は不明ですが、ライブラリの.rakeをロードしているようです。

コマンド一覧を表示してみます。

  • EPUB生成 :「review-epubmaker config.yml」コマンドが「rake epub」で実行できます。
  • PDF 生成 :「review-pdfmaker config.yml」コマンドが「rake pdf」で実行できます。
  • WEB 生成 :「review-webmaker config.yml」コマンドが「rake web」で実行できます。

まとめ

書籍執筆支援システム「Re:VIEW」をWindows10環境にインストールして使用することができました。まずは、ひな型原稿から EPUB/PDF/WEBを生成することができました。詳細な設定方法などは、順々に調べていきたいと思います。