Re:VIEWで上付き文字/下付き文字を書く方法

Re:VIEWで上付き文字/下付き文字

Re:VIEWで上付き文字/下付き文字

Re:VIEWで上付き文字/下付き文字を書きたい

2018年7月、Windows10に書籍執筆支援システム「Re:VIEW」をインストールして使用しています。

Re:VIEWのバージョンは2.5.0です。

Windows10に Re:VIEW 執筆支援システムをインストールする方法

Re:VIEW フォーマットガイドにRe:VIEWの文法説明があります。

べき乗や対数などの簡単な数式の説明をするため、上付き文字下付き文字が使えたら便利です。しかし、フォーマットガイドには記載がありません。

LaTeXの式を挿入する記述方法について説明がありますが、正常に動作するかは環境依存のようです。確実な方法は、数式を別のアプリで書いて画像として貼り付けることです。

試行錯誤した結果、Re:VIEWで上付き文字下付き文字を記述することができました。

上付き文字と下付き文字

上付き文字と下付き文字

方法1 : rawコマンド

HTMLでは、上付き文字と下付き文字を次のように簡単に記述できます。

  • 上付き文字 : <sup>~</sup> で囲まれたテキスト
  • 下付き文字 : <sub>~</sub> で囲まれたテキスト

Re:VIEWには、HTMLを直接記述するrawコマンドがあります。

@<raw>{|ビルダ|〜} : 生の文字列を出力します

ビルダにhtmlを指定して、HTML構文を直接記述します。

rawで直接HTML記述

rawで直接HTML記述

方法2 : supとsubコマンド

ネット検索していて、Re:VIEW記法について整理するためのメモという資料をみつけました。この資料に、LaTeXに限定してsupとsubコマンドが使用できると書いてあります。

利用できるインライン記法

・ sup ※LaTeX対応済み
・ sub ※LaTeX対応済み、ただしstyに難あり

テスト原稿

次のようなRe:VIEW原稿を書いてテストしました。

PDF生成

PDFを生成すると上付き文字下付き文字をきれいに出力しました。

PDF生成

PDF生成

EPUB生成

EPUBではsupとsubコマンドをサポートしていないのでエラーになるかと思いながら、EPUB生成してみました。すると、EPUBでも上付き文字下付き文字をきれいに出力しました。

EPUB生成 上付き文字

EPUB生成 上付き文字

 

EPUB生成 下付き文字

EPUB生成 下付き文字

まとめ

書籍執筆支援システム「Re:VIEW」で上付き文字や下付き文字を記述することができました。

Re:VIEWは便利なツールですが、しっかりしたドキュメントが整っていないことが残念な点です。
上付き文字と下付き文字をサポートしているのに、ドキュメントに記述がありませんでした。技術文書を書くときに、べき乗や対数を記述したいことがあります。このコマンドがサポートされていて助かりました。