Raspberry PiでOpenCV3をビルドする方法

Raspberry PiでOpenCV3をビルド

2017年9月、Raspberry PiでOpenCV3をビルドしました。USBカメラを接続して、簡単なPythonスクリプトでカメラ画像を表示することができました。

USBカメラ

USBカメラ

Raspberry PiでOpenCVパッケージをインストールすると、OpenCVのバージョンは、2.4.9.1 となりました。

Raspberry PiでPython版OpenCVによるカメラ画像を表示する方法

ARM NEONの最適化を行った OpenCV3を使用するために、OpenCV3.3.0のソースからビルドしました。


OSバージョンを調べます。

開発ツールとライブラリのインストール

開発ツールパッケージをインストールします。

画像入出力パッケージをインストールします。

OpenCVソースコードの取得

OpenCV 3.3.0 WEB

OpenCV 3.3.0 WEB

OpenCVリポジトリーから、OpenCV 3.3.0の Source code (tar.gz)をダウンロードして展開します。

 

OpenCVのビルド

ソースコードを展開した opencv-3.3.0 のディレクトリに入り、ビルド用の build ディレクトリを作成します。

cmake-gui を起動します。

cmake1

cmake1

[Browse Source…]ボタンで、ソースコードディレクトリ、[Browsw Build…]ボタンでビルド用ディレクトリを指定します。

  • Where is the source code : ソースコードのディレクトリ
  • Where to build the binaries : ビルド用ディレクトリ

[Configure]ボタンを押します。

cmake2

cmake2

CMakeSetup 画面で、「Specify the generator for this project」 で、「Unix Makefile」を指定します。「Use default native compilers」を選択します。

[Finish]ボタンを押して、Configureを開始します。

cmake3 Configuer

cmake3 Configuer

Configureが終了すると、オプション一覧が表示されます。

cmake4 オプション選択

cmake4 オプション選択

オプションを選択します。

  • Serach: に「neon」を入力して、「ENABLE_NEON」をチェックします。
  • Serach: に「vfp」を入力して、「ENABLE_VFP3」をチェックします。
  • CPU_BASELINE_DISABLE」を空欄にします。

オプションを変更したので、もう一度 [Configure]ボタンを押します。

cmake9 Configuer

cmake9 Configuer

Configureが終了します。

cmake10 Configuer done

cmake10 Configuer done

[Generate]ボタンを押して Makefile の生成を行います。

cmake11 Generate

cmake11 Generate

Generating が終了したら、cmake-guiを終了させます。

cmake12 Generate Done

cmake12 Generate Done


OpenCVをビルドして、インストールします。ビルドは、「-j4」オプションを指定で並列実行するジョブの個数を指定します。

サンプルによる動作確認

Pythonのサンプルコードで、カメラ画像表示の動作確認をします。

ビデオ表示サンプル

ビデオ表示サンプル

カメラ画像表示のスクリプト

以前に作成した Pythonスクリプトで動作確認します。

カメラ画像表示サンプル

カメラ画像表示サンプル

OpenCVのバージョンを表示すると「3.3.0」になりました。

まとめ

OpenCV 3.3.0 のソースコードをビルドして、OpenCV3をインストールしました。ビルドは時間を要しますが、最新のOpenCVを使用することができます。