Re:VIEW(EPUB)で奥付のデザインを変更する方法

Re:VIEWの奥付生成

Re:VIEWの奥付生成

奥付デザイン

2018年11月、Re:VIEWのEPUB生成による奥付のデザインをCSS定義変更とconfig.ymlの修正で行いました。

Re:VIEWのバージョンは2.5.0です。

Windows10に書籍執筆支援システム「Re:VIEW」をインストールして使用しています。

Windows10に Re:VIEW 執筆支援システムをインストールする方法

奥付とは

出版に関して素人の私は、「奥付(おくづけ)」という言葉を知りませんでした。

本の巻末によくある、書名、著者、発行者、印刷者、出版年月日等を書いている部分です

そういえば、どんな本にも巻末に記載されていますね。本を購入するときなんかは、出版年月日を見て最近の本かどうか確認したりしています。

Re:VIEWで奥付を生成

review-initで作成したひな形のデフォルトでは、奥付を作成しません。

config.ymlを修正します。

EPUBを生成すると、奥付を作りました。

奥付の初期デザイン

奥付の初期デザイン

奥付としては、ちょっとさみしいですね。

制作情報を追加

config.ymlに本の制作情報を追加します。

EPUBを生成します。今度は、どうでしょうか。

EPUB奥付

EPUB奥付

追加した本の制作情報を出力しました。


PDFを生成します。

PDF奥付

PDF奥付

PDF生成した奥付は、本らしいデザインですね。EPUB生成も、このようなデザインに変更してみます。

奥付のデザイン変更

Re:VIEWで生成したEPUBの内容を解析してみます。EPUBをzip解凍して、奥付(OEBPS>colophon.xhtml)のコードを確認します。

  • 奥付全体は、colophonクラス指定しています。
  • 書名は、titleクラスで出力しています。
  • 発行履歴は、pubhistoryクラスで出力しています。
  • 著者などは、colophonクラスのテーブルで出力しています。

スタイルシート(style.css)で、colophonの定義を確認します。

私好みの奥付のデザインに変更します。

スタイルシートstyle.cssを以下のように変更します。

EPUBを生成します。

奥付デザイン変更

奥付デザイン変更

いい感じになりました。

奥付に権利表記

Copyrightを追加します。

config.ymlに権利表記を追加します。

Re:VIEWで生成したEPUBの内容を解析してみます。EPUBをzip解凍して、奥付(OEBPS>colophon.xhtml)のコードを確認します。

権利表記は、copyrightクラスで出力しています。

スタイルシートstyle.cssに下記を追加します。

EPUBを生成します。

奥付デザイン変更

奥付デザイン変更

自分好みの奥付となりました。

まとめ

書籍執筆支援システム「Re:VIEW」の奥付のデザインを変更しました。Re:VIEW(EPUB)は、スタイルの変更で見え方を変更できるので便利です。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Re:VIEW(EPUB)で奥付のデザインを変更する方法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Amazon Kindleの電子書籍を作成する方法 | ある計算機屋さんの手帳

コメントは受け付けていません。