textlint校正ツールで表記ゆれをチェックする方法

textlint と Re:VIEW

textlint と Re:VIEW

textlint校正ツールで日本語原稿チェック

2018年5月、Windows10のtextlint校正ツールにより技術文書向けルールでRe:VIEW日本語原稿をチェックしました。textlintにRe:VIEWプラグイン表記ゆれルールをインストールして拡張しました。

表記ゆれルールを使用するには、textlint-rule-prhをインストールします。その他に、以下のルールプリセットもインストールしています。

textlintのインストールと設定については、下記ブログを参照してください。

textlint校正ツールでRe:VIEW日本語原稿をチェックする方法

技術文書向けルールのカスタマイズは、下記ブログを参照してください。

textlint校正ツールの技術文書向けルールをカスタマイズする方法

日本語周りスペースルールのカスタマイズは、下記ブログを参照してください。

textlint校正ツールの日本語周りスペースルールをカスタマイズする方法

表記ゆれとは

表記ゆれとは、一つの意味を表す同じ語句に異なる文字表記をすることです。表記ゆれがあると、読者はそれぞれの表記により違う意味が含まれているかと考えながら読むことになります。その結果、文章が読みにくくなったり、内容がわかりにくくなったりします。

表記ゆれの例を示します。

漢字の開き 「下さい」、「ください」
送り仮名 「組み込み」、「組込」
文字種 「りんご」、「リンゴ」、「林檎」
漢字 「合う」、「会う」、「遭う」
外来語の長音符 「コンピューター」、「コンピュータ」

表記ゆれルールをインストール

表記ゆれルールtextlint-rule-prhは、proofread-helperという校正ライブラリを使用します。prhは、proofread(校正)-helper(手伝い)の略のようです。

表記ゆれルールをローカル(開発環境)にインストールします。

.textlintrcの設定

.textlintrcに表記ゆれルール(textlint-rule-prh)を組み込みます。
ルールは、同ディレクトリのprh.ymlを参照するようにします。

「prh init」コマンドで、prh.ymlのスケルトンを生成します。

prh.ymlの内容を確認します。

Re:VIEWサンプル原稿

textlintで原稿の校正を行うサンプル原稿を作成します。ファイル名はtest.reで、UTF-8エンコードLF改行コードで作成します。このサンプル原稿は、表記ゆれを試すために故意に作成しています。

サンプル原稿のチェック

prh 指摘

prh 指摘



ルールで定義した表記ゆれを指摘しています。

textlint自動修正

fixable problem指摘は、「–fix」オプションを付けると指摘内容を自動修正します。

修正前後の原稿を比較すると、正しく修正したことがわかります。

自動修正の差分

pr

実用的な表記ゆれ校正ルール

「prh init」コマンドで作成した見本のprh.ymlで試しました。prhツールを追加インストールすると、実用的な校正ルールもインストールされます。

「node_modules\prh\prh-rules\media」に、下記ルールがあります。

  • techbooster.yml
  • WEB+DB_PRESS.yml
prh 実用的なルール

prh 実用的なルール

スケルトンのprh.ymlのimports:に、この二つのルールを加えます。

サンプル原稿の再チェック

Re:VIEWサンプル原稿の自動修正を元に戻して、原稿のチェックをします。

「はじめて」→「 初めて」が追加で指摘されました。

まとめ

Windows10にtextlint校正ツールをインストールして、Re:VIEW日本語原稿をチェックできました。表記ゆれチェックルールをインストールして、適切に日本語チェックが行えました。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

textlint校正ツールで表記ゆれをチェックする方法」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Visual Studio Codeで textlint文章チェックを使う方法 | ある計算機屋さんの手帳

  2. ピンバック: Amazon Kindleの電子書籍を作成する方法 | ある計算機屋さんの手帳

コメントは受け付けていません。